気がついたらポツリと出来ているニキビなんとかしたいですよね。メイクをしてもノリが悪くなってしまいます。今回は、出来てしまったニキビや今後ニキビができにくくする為の食べ物や簡単にできるレシピをご紹介させていただきます。

 

ニキビってどうしてできるの?

 

 栄養バランス

ニキビができる一番の原因は、栄養バランスの崩れです。脂っこいものを食べ過ぎたり、お菓子を食べ過ぎたり、外食が重なったり、寝る前に暴飲暴食をしてしまったりが原因でバランスが悪くなりニキビができる原因になります。栄養の偏りを見直し改善する必要性があります。

 乾燥

ニキビはともすると、脂っこいものの取りすぎが原因と考えがちです。しかし大人のニキビは、ターンオーバーの乱れによる乾燥が原因でニキビは引き起こされます。ターンオーバーの乱れが原因で、肌の奥は乾燥しているのに表面はベタベタとベタついてしまう事でニキビが出来てしまいます。皮脂を取り除く事を頻繁にしてしまうとさらに悪化してしまいます。肌の内側の乾燥を防ぐためにはターンオーバーの乱れを改善するためものを摂取する必要性があります。

 女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンの乱れによっても、ニキビは出来てしまいます。生理前になると女性ホルモンが活発になりバランスが崩れやすくなります。そうなると肌が敏感な状態になり、ニキビの原因になります。ホルモンバランスはストレスや食事によっても乱れてしまいます。女性ホルモンのバランスを整える食事を心がける必要があります。

 

ニキビに効く栄養と食べ物

 ビタミン類

ビタミンA・・・レバー、うなぎ、唐辛子、ほうれん草、春菊

 

ビタミンAは、ターンオーバーを整えてくれるという美容面で嬉しい働きをしてくれます。ターンオーバーが整う事で、お肌の水分と油分のバランスが整いニキビだけでなくお肌の様々な面での改善が見込めます。

 

 

ビタミンB2・・・牛肉、豚肉、納豆、青魚

ビタミンB6・・・いわし、さんま、イカ、バナナ

ビタミンB郡は皮脂の分泌を整えてくれる役割があります。ビタミンB郡が不足すると、肌の脂質のコントロールがうまくできなくなり、ニキビができやすくなります。皮脂が多いタイプの方にも乾燥タイプの方にもビタミンB郡は必要になります。

 

 

ビタミンC・・・レモン、キウイ、ブロッコリー、白菜

ビタミンCは、皮膚と粘膜の状態を維持してくれるものになります。もうひとつの効果は、コラーゲンを作るのに欠かせない栄養素になります。不足してしまうとコラーゲンが作られにくくなり、皮膚と粘膜の状態が悪化しニキビを引き起こしてしまいます。抗酸化作用も持っていて、ビタミンB郡とあわせて取ると効果が発揮しやすくなります。

 

 

ビタミンE・・・オリーブオイル、アボカド、アーモンド、うなぎ

ビタミンEは抗酸化作用が有りお肌の老化現象を予防してくれます。それによってニキビが出来にくくなりシミやシワの改善もしてくれます。ビタミンEは炎症を抑える効果もあり、ニキビがひどくなり化膿した状態も緩和してくれます。

 

 乳製品

乳製品・・・ヨーグルト・チーズ・牛乳

乳製品は胃腸の調子を整えてくれます。便秘になるとニキビができやすくなります。便秘解消のためにも乳製品は毎日積極的の取ることをおすすめします。乳製品の中でもヨーグルトやチーズは発酵食品です。発酵食品は乳酸菌などの微生物が沢山含まれているので腸内環境がよくなりニキビ改善ができます。とくにヨーグルトは便秘解消にオススメです。

 

 タンパク質

タンパク質・・・肉類、魚類、卵、大豆製品

タンパク質は細胞そのものを作るのに必要な栄養素です。皮膚を作るのも髪の毛や爪を作るのも、血管や筋肉を作る時にタンパク質は必要不可欠なものです。タンパク質を取らないダイエットなどをしていると脂質の多い食事をしていなくてもニキビができる可能性が高くなります。

 ポリフェノール

ポリフェノール・・・大豆、メイプルシロップ、ブルーベリー、

ポリフェノールは活性酸素を除去してくれます。そのため、お肌の老化を抑えニキビ予防だけでなくシミシワの改善をしてくれます。

 リコピン

リコピン・・・トマト、スイカ、グレープフルーツ

リコピンは、高い抗酸化作用を持ち酸化力が強いため老化防止に良いとされています。

活性酸素を除去しニキビ予防に効果的です。それ以外にもメラニンの生成を抑えるためシミやソバカスの生成を抑えてくれる効果があります。特にトマトにはリコピン以外にもβカロチンやビタミンCが含まれているためターンオーバーの乱れが原因のニキビには効果的です。

 

ニキビが出来やすい食べ物

 お菓子

お菓子・・・ケーキ、チョコレート、スナック菓子

ケーキやチョコレートなど砂糖が大量に入ったお菓子類は、ビタミンB郡を消費してしまいます。糖分は必要な分はエネルギーと変わりますが、取りすぎてしまうと分解しきれず脂肪として体に蓄積されます。そうする事で、ニキビができやすくなります。もちろん、スナック菓子は揚げてあるので余分な脂質を取りすぎてしまいます。

 ジャンクフード

ジャンクフード・・・カップ麺、ハンバーガー、ピザ、ホットドック

ジャンクフードは、高カロリーで高塩分、ビタミンなどがほとんど入っていない栄養バランスのない食べ物の事をさします。ニキビを改善する為に必要なのは栄養バランスです。それが全く考えられていない食べ物を取るということは、ニキビの改善はできないということになります。

 アルコール

アルコール・・・酒類全般

アルコールの作用は、脂肪の合成が促進されます。脂肪分が多くなると当然ニキビが出来やすくなってしまいます。そして、ビールやワインは特に糖質を多く含んでいます。糖質を取りすぎると分解しきれず脂肪として体に蓄積されます。アルコールを取りすぎるとニキビの原因になりやすいのはそのためです。

 トランス脂肪酸

トランス脂肪酸・・・バター、マーガリン、サラダ油、

このトランス脂肪酸は現在では問題視されているものになります。バターやマーガリン、サラダ油がトランス脂肪酸になります。このトランス脂肪酸はニキビだけではなく、アトピーなども引き起こすと言われています。このトランス脂肪酸は、揚げ物やパン、お菓子を作るときに入れてあるので極力取らない努力をするのが必要です。

ニキビ改善!簡単レシピ

 レモネード

レモネードはビタミンCがたっぷり取れる飲み物です。ビタミンCは熱を加えずそのまま食べるのがいいとされています。毎日の食事で摂るのは難しいところもありあます。

そこで今回オススメなのがメイプルシロップで作ったレモネードです。生のままビタミンCが摂取できるという事と、ドリンクにすると食事で他の栄養素をたっぷりと取れるからです。メイプルシロップで作るのは、メイプルシロップもニキビ予防にぴったりのポリフェノールがたっぷり入っているのと、カロリーオーバーを防げるからです。

 

 

レシピ

  • レモン       2個
  • メイプルシロップ  大さじ4杯
  • ミネラルウォーターor炭酸水

 

材料を密閉の瓶に入れて一日寝かせるだけです。

後は出来上がったレモンシロップとミネラルウォーターや炭酸水で割るだけです。

レモネードがいい方は炭酸水がおすすめで、こまめに水分を取る目的ならレモン水としてミネラルウォーターで作るのがオススメです。

スムージー

スムージーのおすすめポイントは、1日で補えそうにない栄養分をしっかりと取り入れることができるからです。女性ホルモンのバランスを整える大豆ベースの豆乳。ビタミンEがたっぷりのバナナをベースに野菜をたっぷり入れるだけで朝のニキビ対策は万全です。

 

レシピ

  • 豆乳   200CC
  • バナナ  1本
  • 小松菜  4束
  • レモン汁 小1
  • はちみつ 少量

 

 

 ピクルス

パプリカやミニトマトをピクルスにするのがニキビ予防に役立ちます。パプリカはビタミンC、ミニトマトはリコピンが豊富です。お腹すいた時にお菓子ではなく、ピクルスを作り置きしておき、いつでも食べる事ができるようにしておくのがおすすめです。

 

レシピ

  • 酢      350cc
  • 水      150cc
  • はちみつ   大5
  • 塩      少々
  • ローリエ   1枚
  • 鷹の爪    お好みで

豚肉と白菜の和風スープ

豚肉はビタミンB郡も豊富に入っており、肌作りのベースとなるタンパク質を摂取できます。そして白菜はビタミンCや食物繊維がたっぷり入っています。便秘解消にもなりニキビ予防だいさくに向いている食材です。

 

 

レシピ

  • 豚肉     200g
  • 白菜     300g
  • 生姜汁    小1
  • だし汁    300cc
  • 酒      50cc
  • 醤油     大2
  • みりん    大1 1/2
  • 柚ごしょう  お好みで

 

 

 

まとめ:食事は美肌をつくる基本!脱ニキビを実現させるためには食生活を見直そう

 

ニキビ改善に役立つ栄養素やレシピをお届けさせていただきました。今回は、食べ物を中心にニキビ改善策をお伝えさせていただきました。食事は美肌を作る基本となります。ガラリと全てを変えて無理しすぎると挫折してしまいそうになるので、先ずはレモン水やピクルスなど簡単に取り入れる事ができるものから始めましょう。そうする事で無理のない食生活を送れるはずです。